上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




さて、僕は毎朝草花に水をあげたりしているような自然動植物愛護精神満載な人間だったりします。
なかなか意外でしょう?なんと言っても今をときめく草食系男子ですからね(死ね
草食系?まぁ、とりあえずサラダは大好きですよ。サラダバイキングとか無駄にテンションあがりますもん。でしょ?(誰に対して同意を求めてんだ

と例によって冒頭から脱線してますが、とりあえず変態1名が毎朝草花に水をやってますってことだけ読み取ってくれれば良いです。

我が家にも小さな庭がありまして、毎朝ホースをずるずる伸ばして草花たちに水をやってるわけです。このホースがまた何を血迷ったか30mくらいの長さまで伸ばせる代物だったりして、この庭の何をどう見繕えば30mと言うハイスペックな仕様が要求されるのかまっこと謎ではあるんですが、おそらく近隣で火災があった時の消火活動に使うかもしれないとかそういう愚かな考えがあったんでしょう。
結局5mちょっとくらいの長さにして毎朝使ってます。

それにしても、ホースなんて僕らがガキの頃はただ水の出る場所が動かせるってだけの物だったじゃないですか。そのため人々は先端に微妙な指先操作を加えることによって、ツインやストレートなどへのモード切り替えをして使ったものです。しかしあまり小手先の技に溺れるとホースに負担がかかって根元がすぽんと抜けるという諸刃の剣。まさに職人芸の領域でした。言いすぎです。
ところが最近のホースはあの頃とは比較にならない進化っぷりを見せてます。まず根元は強固なロックがかかるようになっていてそう簡単には外れない。そして水が出てくる先端部分はなんかメカニカルな感じになってて、水の放出/停止なんかレバーでワンタッチでできるし、ノズルを操作することでストレート、霧、シャワー、ジョウロなど、さまざまな放水モードへの切替が簡単にできます。

ストレートとは、放水口を細く絞ることによって生じる水圧の増加を利用して勢いを強め、よりピンポイントかつ高圧力の放水が可能になるモードってなにもこんな言い方する必要まったくないんですが、とにかくストレートで土に向けて放水すると思いっきりえぐれたりして大変なことになりますので、ぶっちゃけ草花向けではありません。窓の汚れとかを水圧で飛ばしたり、意味もなく虫を追いかけていじめたりする時に使うモードですね。ホント、自然動植物愛護精神満載な人間が聞いてあきれます。

霧はなかなか良い機能で、広範囲にぶわっと水を撒くのに最適。庭の芝生全体に水をやるとか、あるいは道路に水を打ちたいなんて時にも使いやすいかと思います。広範囲がアダとなって大概自分にも水がかかるとかそういう多少のデメリットには目をつむります。そんなことに目くじら立てませんよ僕は。争いを好まない、草食系男子ですからね(だから死ね

大方の予想通り草花にはシャワーもしくはジョウロモードを使用するわけです。で、最近気づいたんですが、この2つのモード、違いがまったくわからない。シャワーもジョウロも一緒やん。
って訳でもう少ししっかり違いを検証しようと、今日は水を出しながらシャワー⇒ジョウロ⇒シャワーと切り替えてみた。うん、わからん。いや厳密にいえば若干雰囲気は違う。でも違うっつっても、微差だ。少なくともこの2モードを使い分ける理由が見いだせない。

おいおい、なんだよこれ。これは誇大広告って奴ですよ。「このホースはなななななんと!4つものモードを使い分けることができるんです!」「えぇぇ!?ほんとかい?ジョニー」とか大々的に宣伝しときながら、実質3つ分のモードしか搭載していない。それを問いただすと「シャワーとジョウロ?んなもん水の出方はだいたい一緒だろ、考えりゃわかるだろ?うっせぇよとにかく4つモードあんだろが、文句あっか、あぁ?」って訳です。面倒になったのでジョニーは割愛します。

ちくしょう!軽く詐欺じゃねぇか!とか無駄に大げさな憤りを見せてた訳ですが、、、
そこで僕は重要なことに気付いた。
そうだ、シャワーとジョウロには、そもそも決定的な違いがあるじゃないか!
皆さんもイメージしてほしい、シャワーとジョウロ、その使い方の違いを。
そう、逆、逆なんだ!水の出る向きが逆!シャワーは一般的に水が出る部分を下に向けて使うが、ジョウロは逆、ジョウロは水が出る部分を上に向ける、すなわちアンダースローみたいなフォームで使うものじゃないか!と。なんてことだ、俺はどうかしていた。モード云々に気を取られるあまり、ジョウロとシャワーの根本的な違いを忘れていたのだ。俺はいわば、このジョウロモードの使い方を誤っていた!そんな自分を棚に上げて違いがわからないだなんて、、、なんと、なんと愚かな!

今こそ!今こそその真価を見せるとき!僕はジョウロモードのまま、先端部分をくるっと回して水の放出部分を上に向けた!!

水が風に舞って足にかかりました。

・・・うん、薄々気づいてたよ。上に向けようが何しようが、きっと何も変わらないだろうってこと。
本当は、期待なんかしてなかったんだ。僕は、僕はただ、ただ信じていたかっただけなんだ。。。
信じる自分を裏切りたくなかっただけ。ただの弱虫、所詮ただの草食系男子なんだよ(本気黙れお前

って訳で今後はモード云々はともかくとして、ホースはちゃんと下向けて使おうと思います。

そういえば、モード切り替え4つかと思ったけど、実は5個ありました。「ストレート、霧、シャワー、ジョウロ、ストップ」と。いやいやいやいやストップって。レバーで簡単に水の放出/停止ができるのにも関わらずノズル側でストップって、、、やはりこれはどことなくヤらしい誇大広告の香りが・・・。

ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース




コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kapnikki.blog38.fc2.com/tb.php/25-5da8b90e
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。